ページ内を移動するためのリンクです。
健康保険ガイド
現在表示しているページの位置です。

医療費支払いのしくみ

皆様が病気やけがで医療機関にかかると、医療機関では、その治療費を1ヵ月分ごとにまとめて、保険者(健保組合など)に請求し、支払いを受けるのがたてまえです。しかし、全国には何万もの病院があり、保険者も何千もあります。それが、個々に請求し、支払いをしていたのでは、事務がたいへん繁雑になってしまいます。 そこで、実際には社会保険診療報酬支払基金もしくは国民健康保険団体連合会という審査支払機関を通して請求・支払いをすることになっています(当健保組合では前者の支払基金を利用しています)。審査支払機関では、病院から回ってきた請求明細書をチェックし保険者に請求してきます。支払いも、保険者が審査支払機関に支払い、審査支払機関から各病院に支払われることになります。これを図示すると次のとおりです。
高額療養費の支払い時期が診療月の3ヵ月後になるのは、このように、医療費の請求が審査支払機関を経由して健保組合に届くようになっているからです。

医療費の通知案内を確認しましょう

加入者が使った医療費の内訳を通知しています。これは加入者に受診の事実確認と、どれくらいの医療費がかかっているかなど、医療費に対するコスト意識をもってもらうために行っています。

年1回1月に、前々年10月から前年9月受診相当分を通知しています。

ページトップへ