ページ内を移動するためのリンクです。
個人情報保護方針
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

  1. 基本理念
    ベネッセグループ健康保険組合(以下、「当組合」といいます)は、常日頃より加入者の視点に立ち、よりよい加入者サービスの提供を目標として、医療保険業務を営んでいます。加入者に応じて迅速で的確なサービスを提供させていただくためには、加入者に関する様々な情報が必要です。加入者と確かな信頼関係を築き上げ、安心してサービスを受けていただくために、加入者の個人情報の安全な管理は必須です。当組合では下記の方針に基づき、個人情報保護に厳重な注意を払います。
    本方針は、加入者の個人情報のみならず、当の役職員情報など、当組合が取扱う全ての個人情報についても適用します。
  2. 個人情報の範囲
    当組合の取扱う個人情報は、適用・給付・徴収に係る医療保険業務、健診・検診に係る保健業務、役職員の人事・給与、資産管理、財務会計等に係る業務に必要な個人に係る情報の全てを指します。個人情報は、特定個人情報も含みます。特定個人情報は、個人番号(個人番号に対応し、当該個人番号に代わって用いられる番号、記号その他の符号であって、住民票コード以外のものを含む。)をその内容に含む個人情報を指します。法令の定める業務範囲の手続きにおいて、個人番号の記入欄のある様式を用いて得られた情報については、様式に個人番号の記入がない個人情報も特定個人情報と同様に取り扱います。
  3. 法令等の遵守について
    当組合は、個人情報保護及び特定個人情報保護に関する日本の法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  4. 個人の権利について
    当組合は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対する問い合わせならびに開示、訂正、削除、利用停止等(以下、「開示等」といいます)を求められたときは、健康保険法等の法令ならびに個人情報保護基本規程等に従い、対応いたします。
  5. 個人情報の取扱いについて
    当組合は、個人情報の取得にあたって、健康保険法等で取得が義務付けられている場合を除き、予め利用目的を明確にし、同意を頂いた上で取得します。
    個人情報の利用及び提供については、同意を頂いた利用目的の達成に必要な範囲内において利用及び提供を行います。また、法令等で定められた場合を除き、目的外利用や第三者提供を行わないこととし、そのための措置を講じます。
    特定個人情報については、下記の場合以外の場合は、利用目的の範囲を超えて、利用しません。
    • (1)行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)(以下「番号法」という。)第9条第4項の規定に基づく場合
    • (2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意があり、又は本人の同意を得ることが困難であるとき。また、特定個人情報については、番号法第19条各号のいずれかに該当する場合を除き、提供しません。
  6. 安全管理措置について
    当組合は、加入者の個人情報を安全で正確な管理に努めます。
    • (1)個人情報保護責任者の選任による責任の所在の明確化
    • (2)個人情報の漏えい、破壊、紛失、改ざん、滅失または毀損、誤用等を防止するための厳重なセキュリティ対策の実施
    • (3)安全な環境下で管理するための個人情報データベースへのアクセス制限の実施
    • (4)保護レベル向上に向けての2.3.における定期的・継続的な点検による改善・是正の実施
    • (5)個人情報の保護についての役職員教育の徹底と監督
    • (6)利用目的遂行のために業務を委託する場合、個人情報の取扱いに関する委託先の適正な管理および監督を行います。
  7. 個人情報保護の仕組みの改善
    当組合は、個人情報保護のための運用ルールを整備し、それに基づいて加入者の情報を管理します。また、この運用ルールは適宜見直し、継続的な改善を図ります。
窓口
ベネッセグループ健康保険組合(個人情報保護担当)
電話番号
086−232−0102
受付時間
10:00〜12:00、13:00〜17:00(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
URL
http://www.benesse-kp.or.jp/
Mail
kenpo@benesse-kp.or.jp
  • 平成17年4月1日(制定)
  • 平成29年1月1日(最終改訂)
  • ベネッセグループ健康保険組合
  • 理事長 八木 智

ベネッセグループ健康保険組合が保有する個人情報の種類と使用・利用目的

ベネッセグループ健康保険組合(以下、当組合といいます)が健康保険法および関係法令等により実施する事業目的のため取得する個人情報とその利用目的は、下表のとおりです。

個人情報の取得が必要な利用目的 利用目的
当組合内部での利用に係る事項 他の事業者等への情報提供を伴う事項
1.被保険者等に対する保険給付
  • 保険給付の実施
  • 医療費助成制度の対象確認等給付調整の実施
  • 海外療養費に係る翻訳のための外部委託
  • 第三者行為に係る損害保険会社等への求償
  • 健康保険組合連合会の高額医療給付の共同事業
  • 他の健保組合、医療機関、市区町村、労働基準監督署等が適正な給付を行うため
  • 加入者資格の検認
2.保険料の徴収等
  • 被保険者資格の確認ならびに標準報酬月額および標準賞与額の把握
  • 健康保険料の徴収
  • 被扶養者の認定
  • 健康保険被保険者証、高齢受給者証、健康保険限度額適用認定証の発行
  • 被保険者等の資格等のデータ処理の外部委託
  • 任意継続保険加入者への書類送付の外部委託
  • 被扶養者の認定調査の外部委託
3.保健事業
  • 健診、健康相談および保健指導宣伝、疾病予防、体育奨励に係わる事業
  • 医療機関等への健診の委託
  • 各種補助金支給の実施
  • ハンドブック、広報誌の配布
  • 保健事業の実施に係る委託
  • 健康保険組合連合会主催の共同事業
  • 医療費適正化のための指導事業
  • 当組合が行う事業の満足度調査
4.診療報酬の審査・支払い
  • 診療報酬明細書(レセプト)等の内容点検・審査
  • 柔道整復療養費支給申請書の内容点検・再審査
  • 左記明細書・申請書の内容点検・審査の外部委託
  • 左記明細書・申請書の電算処理のためのパンチ入力、画像取込処理・審査照会の外部委託
5.当組合の運営の安定化
  • 医療費分析・疾病分析
  • 医療費分析、医療費通知等に係るデータ処理等の外部委託
  • 疾病予防事業の効果検証
6.その他
  • 当組合の管理運営業務のうち、業務の維持・改善のための基礎資料
  • 当組合の管理運営に係る記録資料
  • 適正な経理事務の執行
  • 保険料納付証明書の発行およびその送付
  • 適正受給のための照会
  • 業務の適正処理のための照会または回答(保険者間の情報交換)
  • 第三者行為求償事務において、保険会社・医療機関等への相談または届出等の外部委託
  • 弁護士等への業務相談
  • 無資格診療に係る事業所求償のための対象者情報の提供
  • 被保険者証の不正使用に係る事業所対応のための対象者情報の提供

健保組合が行う事業と個人情報の関わり

当組合は、健康保険法が定める目的「労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡または出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする」に沿って事業を行っています。また、健康保険法では、「保険者は、健康教育、健康相談、健康診査その他の被保険者及びその被扶養者の健康の保持増進のために必要な事業を行うように努めなければならない」とも規定されています。

このように当組合は、被保険者やその被扶養者(以下、「加入者」といいます)の病気やけがの治療費を給付するだけでなく、お産や死亡した時、病気やけが・出産のため会社を休み一時的に収入がなくなった場合にも保険給付をします。さらに、加入者の健康の保持増進のために健康教育、健康相談、健康診査など必要な事業も行っています。

加入者の個人情報は、当組合が以上のような事業を行い、加入者に対しサービスを提供していくためにはなくてはならないものであり、その情報を安全に管理し、取り扱うことを最大の課題と認識し、事業活動に関わる全役職員および関係者に徹底していきます。また、当組合では、個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)を常に念頭に置き、加入者などの個人情報保護に万全を尽くしていくことに努めていきます。

事前同意の確認

当組合が行う事業の中で、以下の事項については第三者提供に該当するため、本人の同意が必要となります。なお、厚生労働省のガイドラインでは、加入者本人にとって利益となるもの、または事業者側の負担が膨大である上、明示的な同意を得ることが必ずしも本人にとって合理的であるとはいえないものについては包括的な同意でよいとされています。従って、当組合では、以下の事項につきましては、包括的な同意とさせていただきますので、同意されない方は、当組合の個人情報相談窓口までお問い合わせください。
●医療費通知は『密閉した封書』とし、世帯単位にまとめて発送すること
医療費通知は、被保険者本人だけでなく、当組合に加入されている被扶養者の方の受診履歴も一緒に印字し、密閉した封書にして、世帯単位にまとめて発送します。

保健事業における個人情報の取り扱いについて

当組合が実施する保健事業(人間ドック・歯科検診等)において、申込みされる方は、以下の内容を確認し同意の上でお申込みください。

  1. 当組合が行う保健事業へ申込まれた際に提供された個人情報は、当組合の個人情報保護方針に基づき、安全かつ厳密に管理いたします。また事業を委託する場合も、この方針に基づいて厳重な委託管理を行います。
  2. 個人情報は、申込まれた保健事業に関する範囲で使用します(個人情報をお知らせいただけなかった場合、利用できない場合があります)。
  3. 個人情報は、第三者に開示・提供・委託することはありません。ただし、提供を要する場合は事前に同意を得て行います。

保健事業の申込みに係る個人情報の開示・訂正・削除については、以下の窓口までご相談ください。

窓口
ベネッセグループ健康保険組合(個人情報保護担当)
電話番号
086−232−0102
受付時間
10:00〜12:00、13:00〜17:00(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
URL
http://www.benesse-kp.or.jp/
Mail
kenpo@benesse-kp.or.jp

個人的なお問い合わせやご相談についてのお願い

当組合へ「私の被保険者番号や資格喪失日について確認させてください」「健康について相談したい」といったお問い合わせは、個人情報の利用・開示にあたります。お問い合わせの際には、必ず本人確認できる情報をあらかじめご用意いただいた上で、ご連絡ください。また、折り返し電話等で本人確認させていただく場合があります。本人確認が難しい場合は対応や手続きができない場合がありますので、ご承知おきください。

【個人情報の開示請求について】

当組合が保有する個人情報の開示請求については、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、個人のプライバシーの保護、診療上の支障の有無に配慮しつつ、加入者へのサービスの一層の充実を図るものです。情報には下記2種類があり、いずれも問合せ・開示請求先は、上記窓口です。

  1. 診療報酬明細書
    • ※患者が受けた診療について、医療機関が作成し当組合に請求する医療報酬の明細書のこと。医科・歯科の場合には診療報酬明細書、薬局における調剤の場合には調剤報酬明細書といいます。
  2. 受診履歴等その他の個人情報

【電子メールでのお問い合わせについて】

 当組合はネットワーク環境のセキュリティ対策には厳重な対処をしていますが、電子メールでのお問い合わせは、可能性として“漏洩”リスクが残ること、また“なりすましメール”の可能性がありますので、極力郵便か電話でのお問い合わせをお願いします。
メールでのお問い合わせをされる方は、上記のリスクを承知・同意したものとして対応させていただきます。

【FAXでのお問い合わせについて】

 FAXでのお問い合わせ(FAXでの回答要請)は、確実な本人確認ができないため、電子メールと同様に“なりすまし依頼”や誤送信の可能性といったリスクがあります。FAXではなく、郵便か電話でのお問い合わせをお願いします。

ページトップへ