ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • お知らせ一覧
  • 令和3年10月1日からの「オンライン資格確認」開始にあたって、 マイナンバーカードを健康保険証として利用する場合などの確認事項

令和3年10月1日からの「オンライン資格確認」開始にあたって、 マイナンバーカードを健康保険証として利用する場合などの確認事項

2021年09月13日

●ベネッセグループ健康保険組合の加入者の皆様へ

 令和3年10月1日からマイナンバーカードまたはマイナンバー(個人番号)が紐づけされた健康保険証(被保険者証)で健康保険

の資格確認ができる「オンライン資格確認」が始まります。(当初予定の3月1日開始が延期されていました。)

マイナンバーカードを健康保険証として利用する場合は下記の①~③を、また、お持ちの健康保険証で「オンライン資格確認」を

利用する場合は下記の②③をご確認ください。

      

①マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、事前の登録が必要です

 ・下記の厚生労働省サイトの「健康保険証利用の申込」を参考にして、【マイナポータル】で事前登録してください。

  現時点でベネッセグループ健康保険組合の約1,300名の方が登録を済まされています。

 

②現在、医療機関・薬局では「オンライン資格確認」を順次導入中です。まだ導入できていない医療機関・薬局もありますので、

 マイナンバーカードを利用する場合は健康保険証もご持参されることをお勧めします

 ・厚生労働省によると、「オンライン資格確認には、医療機関・薬局にオンライン資格確認に関するシステム・ネットワーク

  (顔認証付きカードリーダー設置やシステム改修など)等が導入されていることが必要であり、R5年度末にはすべての医療

  機関・薬局での導入を目指している。R3年7月末時点でカードリーダー申込は約6割。」とされています。導入されている

  医療機関・薬局には「マイナ受付」のステッカーやマイナンバーカード受付のポスターが掲示されることになっています。

     

③マイナンバーが健保組合で登録されていることが前提になります

 ・「オンライン資格確認」を利用するには、事業所(会社)へ届け出された加入者の皆様のマイナンバーが事業所からベネッセ
  グループ健保組合へ届け出されて、健保組合にて登録され、マイナンバーと被保険者記号番号が紐づけ処理されている必要が

  あります。したがって、健保組合でのマイナンバー登録まで至ってないとこの紐づけが行われないため、マイナンバーカード

  を健康保険証として利用することはできず、お持ちの健康保険証でも「オンライン資格確認」は利用できません。

 (お持ちの健康保険証で受診はできます。)

            

*「オンライン資格確認」とは

 マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号などにより、医療機関・薬局がオンラインで健康保険の資格情報の

 確認をすることです。

 70歳未満の方で医療費が高額になることが見込まれる場合、事前に健保組合から「健康保険限度額適用認定証」の交付を受けな

 くても、限度額以上の医療費を窓口で支払う必要がなくなります(一定の条件あり)。また、マイナンバーカードが健康保険証

 として利用できれば、転職・結婚・引越ししても、新しい保険者(健保組合等)へ手続き後、健康保険証の交付を待たずに受診で

 きるようになります。

 「オンライン資格確認」「マイナンバー制度」についての詳細は、【当健保組合HP】を参照ください。

 

ページトップへ