ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。

「健康こんぱす5月」に更新しました

2018年05月01日


健康づくりに役立つコンテンツ盛りだくさんの「健康こんぱす」を更新しました。
画面右の「健康こんぱす」をクリックしてください。
毎月内容は更新されますが、過去のものは「バックナンバー」でご確認いただけます。

今月の内容は、

◆知っておきたい病気のリスク◆喫煙歴の長い人はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に注意

COPDのおもな症状は、咳、痰、息切れです。ゆっくりと進行するため早期のうちは目立つほどの
症状ではなく、「たばこを吸っていれば咳や痰があるのはあたりまえ」「息切れは年のせい」などと
思い、見過ごされがちです。
しかし、放置していると進行し、日常の動作でも息切れするようになります。また、風邪などの感
染症をきっかけに、症状が急激に悪化する「増悪(ぞうあく)」を起こすと肺の機能がいっきに低下
し、息切れで思うように外出できず、寝たきりになってしまうことも。増悪によって呼吸不全から死
に至ることもあります。

◇エクササイズでからだメンテ◇不眠を改善

不眠の多くは、1日の過ごし方を工夫することで改善できます。まず起床時間を一定にし、朝起き
たら太陽の光を浴び、朝食を。日中はこまめに動くなどして活動的に過ごしましょう。そして、夜は
できるだけ明るい光を避け、リラックスした時間を過ごすことが大切です。運動不足の日におすす
めのストレッチを紹介します。

◇うつ病を知る・防ぐ◇うつ病のきっかけとなるもの

うつ病のきっかけとなるストレス要因には、ライフイベントと呼ばれる大きなできごとと、日常の小さ
なできごとがあります。
どんなものがストレス要因になるか知っておきましょう。

◆防災・防犯入門◆知っておきたい応急手当

はじめての人でも簡単なAEDの操作方法と、胸骨圧迫(心臓マッサージ)の方法を紹介します。

◆栄養価アップ!食べ合わせレシピ◆ビタミンB1+硫化アリル

栄養ひとくちメモ

●ビタミンB1は糖質からエネルギーを作り出すのに必要な栄養素です。不足すると疲れやすくなっ
たり食欲がなくなったりします。また、エネルギー不足によって脳や神経の働きも低下し、イライラ
したり集中力が低下したりします。

●多忙な方や運動をされる方は消費するエネルギーが多いのでビタミンB1が不足しやすく、特に意識
して摂取する必要があります。

ページトップへ