ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。

10月は「健康強調月間」です

2021年10月01日

10月は健康保険組合連合会等が定める「健康強調月間~生活習慣病予防普及月間~」です。

 健康強調月間は、1966年にスタートし、国民の健康意識の向上を目的として生活習慣病予防に重点を置いた活動を半世紀以上にわたり展開しているものです。人生100年時代を迎えようとする我が国において、”健康”という財産形成の重要性が改めて認識されるなか、国民全体のヘルスリテラシーを底上げし、健康寿命の延伸につなげることを目指します。

 昨今、働き方の多様化や生活様式の変化に伴う新たな健康リスクへの懸念、感染症の流行による健康不安が深刻化しています。56回目を迎える本年度は、健保連と健保組合が一丸となって感染症対策を講じたうえで、加速する多様な就業環境とそれに伴う生活習慣の変化を踏まえた事業形成を図るとともに、国民全体のヘルスリテラシーの向上を目指します。(健保連HP引用)

 

働き方が変わりストレスを抱える場合・・・

 まずは、胸の内を話すことが出来る家族や、友人に相談してみましょう。誰かに打ち明けることで、ストレスは軽減され、打開策(アドバイス)をもらえることもあります。しかし、顔見知りにはなかなか本音をぶつけることができないのも現状です。そこで、メンタルヘルスのカウンセリングサービス等を提供している、当健保組合の保健事業「からだの相談・こころの相談窓口」をご利用ください。

 職場・家庭のストレスなどに関して臨床心理士等の心の専門家が電話や面談でカウンセリングを行います。ストレスだけでなく、病気や悩み事など、どんな些細なことでもご相談いただけます。カウンセリングを受けることによって、混乱していた問題を整理してシンプルにしていくことが大切です。一歩引いた位置で物事を捉えられるようになると、問題解決の糸口を見つけやすくなるという効果があります。心身の不調を感じた場合は、できるだけ早めに相談しましょう。

 

24時間電話健康相談サービス

(ベネッセグループ健康保険組合加入の被保険者・被扶養者は無料です)

当健保組合HPで詳細について案内しておりますので、ご確認ください。

 

連絡先については、お配りしているハンドブック(P45,P46)で案内しております。

ページトップへ