ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。

あしけんタイムス2019春号

2019年02月26日

 

皆さんが病院の窓口で支払う金額は、かかった医療費の3割。残りの7割は、皆さんと事業主(お勤め先)が
納める健康保険料から支払われています。
給与明細に書かれている「健康保険料」の支払い先は、皆さんが加入する「ベネッセグループ健保組合」など
医療保険者になります。
皆さんと事業主から納めていただく健康保険料は、医療費の支払いや、皆さんの健康の保持・増進のための
保健事業、高齢者の医療費を支えるための拠出金などに使用されています。

今、日本の医療費は毎年1兆円を超えるペースで増加をしています。
なかでも、医療費の約6割を占める高齢者医療費の増加が著しく、将来も国民皆保険制度を維持していくには、
高齢者医療費の負担の仕組みを超高齢社会にあった制度にかえる必要があるとともに、
私たち一人ひとりが健康への意識を高め、節減できる医療費について知ることが重要です。

「あしたの健保プロジェクト(あしけん)」 では、WEBを通じて、このような健康保険の不健康状態を広く知ってい
ただくとともに、私たち一人ひとりにできることを発信していきます。

今回の「あしけんタイムス春号2019」(添付ファイル)の健康コラムは、コンビニ・時間外受診についてです。
ぜひお読みになってください。

ページトップへ