ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり
現在表示しているページの位置です。

保健事業のあらまし

当健保組合が行う保健事業

当健保組合の第一の目的は、被保険者や被扶養者の皆さんが病気やけがのときの生活上の心配や不安を少しでも軽減することにありますが、それ以外でも「保健事業」として健康の保持増進、病気の予防など様々な事業を行っています。

1.特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導は、40歳以上の方が対象の事業です。被保険者は各会社・団体で実施される健康診断の結果から、被扶養者と任意継続の方は人間ドック受診の結果から特定健診データを収集・登録しています。そして、その結果、指導が必要な方には各会社・団体と調整の上、専門の指導員が6ヵ月間生活習慣などの指導を行います。

2.保健指導宣伝

当健保組合の財政状況、健康保険制度、疾病予防への啓発の広報活動などを行っています。

  • 広報誌「健保だより(春・秋)」の発行
  • ホームページの運営
  • 医療費通知の実施:年間2回
  • ジェネリック医薬品の利用促進、適正受診の啓発・照会
  • 各会社・団体(人事・労務)への情報提供・情報交換
  • 共同保健指導宣伝(健康保険組合連合会へ拠出)

3.疾病予防

当健保組合では、下記の事業を行っています。

  • 日帰り人間ドック
    当該当年度30歳以上の被保険者・被扶養者を対象に、原則無料で人間ドックを受診することができます。あなたの健康度をチェックするため、積極的にご利用ください。
  • 歯科検診
    被保険者・被扶養者を対象とした歯科検診を実施しています。歯科検診は事業所に歯科医が出向き事業所内で被保険者が受診する「集団検診」と、個人が歯科医院に出向いて受診する「個別検診」があり、どちらかを1年に1回受診することができます。被扶養者と任意継続の方は「個別検診」のみ受診可能です。1年に1回以上の受診や健康保険の資格を喪失後の受診は、かかった費用をお支払いいただきますのでご注意ください。集団検診を実施する各会社・団体は、人事から案内があります。
  • 常備薬斡旋
    病院に行く前の自己予防の一環として年2回(広報誌発行時)行っています。
  • 高齢者訪問健康相談
    年齢を重ねるごとに健康に対する不安は増えていくものです。当健保組合では、委託契約している保健師・看護師などの資格を持った健康相談員が、63歳以上の加入者のご自宅を訪問し、日常の生活について伺い、これからの健康保持・疾病予防、将来の介護不安などの具体的なアドバイスをさせていただく事業を行っています。この事業は当健保組合が全額費用を負担して行いますので、利用者の費用負担は一切ありません。
ページトップへ