ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり
現在表示しているページの位置です。

日帰り人間ドック

自立した生活ができる【健康寿命】を伸ばし、一人ひとりの【生活の質の向上】に貢献することをめざして実施する【生活習慣病の予防と改善】支援事業の一つです。


  • ※40歳以上の被扶養者・任意継続被保険者の方は人間ドック受診=特定健診受診になります。

なお、受診については、予約事務を委託している「バイオコミュニケーションズ(株)」の契約健診機関での実施になります。
この「日帰り人間ドック」を利用される場合は、委託先であるバイオコミュニケーションズ(株)より、特定健診データ(40歳以上の被扶養者・任意継続被保険者のみ)が当健保組合に届けられることに同意した上で申込んでください。

対象者

当該年度30歳以上の被保険者・被扶養者の方

  • ※受診日時点で、当健保組合の資格を喪失している場合は対象外です。

受診可能回数

年度(4月〜3月)内、お一人1回を限度とします。

健診内容

  • 身長、体重、腹囲、視力、聴力測定
  • 血圧測定、心電図検査
  • 血液検査
  • 尿/便検査
  • X線撮影(胃・胸部)
  • 眼底・眼圧検査
  • 腹部超音波検査
  • 内科診察/生活指導
  • 婦人科検診
  • 前立腺検査(血液検査)…40歳以上の男性

契約健診機関

費用

契約健診機関での受診は、原則全額当健保組合負担(当日窓口でのお支払いはありません)。
ただし、胃の検査で、本人の希望により胃部X線撮影検査を内視鏡検査に切り替えることで差額が発生する場合や、上記健診内容以外の特殊な検査(PET、骨粗しょう症など)を個人で希望して受診する場合の費用は本人負担です(当日、窓口でお支払いください)。

★契約以外の健診機関で受診をご希望の場合…

  • 上記健診内容を健診機関1ヵ所で受診する場合のみ、上限金額(税込42,000円)までの実費を当健保組合が補助します。一部に偏った検診(婦人科ドック、脳ドックなど)は対象になりません。
    各会社・団体などで補助制度がある場合、同じ費用について両方申請することはできません。
  • 費用請求方法・・・「人間ドック補助申請書・問診票(当該年度40歳以上の被扶養者・任意継続被保険者のみ)」に「領収書の原本」「結果報告書の写し(受診項目すべての結果)」を添付のうえ受診日から1ヵ月以内に、当健保組合宛にお送りください。

利用方法

ご本人がバイオコミュニケーションズ(株)にお申し込みください。

日帰り人間ドックを利用される場合は、委託先である「バイオコミュニケーションズ(株)」より、特定健診データ(40歳以上の被扶養者・任意継続被保険者のみ)が健保組合に届けられることに同意したものとみなします。

受診の時期

年度末には混雑が予想されますので早めの受診をお勧めします。また、被保険者の方でレントゲン被ばくを心配される場合は、各会社・団体で受ける「定期健康診断」の前後3ヵ月を避けて受診されることをお勧めします。

受診結果ほか

健診結果票は、健診機関より受診者本人とバイオコミュニケーションズ(株)に直接郵送されます。当健保組合にはバイオコミュニケーションズ(株)より特定健診データのみ届きます。

ページトップへ