ページ内を移動するためのリンクです。
受診編
現在表示しているページの位置です。

移送費が認められるとき

入院・転院するのに移動するのが困難なとき

病気やけがで移動が困難な被保険者(被扶養者)が、医師の指示で、緊急的に移送されたときは、その費用が移送費として現金で支給されます。診療を受けるための普通の通院費用は対象になりません。
この移送費の支給を受けるには、事前に当健保組合の承認が必要です。

支給される金額 ①自動車などを利用したときは、その運賃
②医師や看護師の付き添いを必要としたときは、原則として1人までの交通費
最も経済的な通常の経路および方法により、移送された費用を基準に算定された額(その額が実費を超えた場合は実費)。

移送費が認められるときの請求

事前に当健保組合で承認を受けた後、「移送費支給申請書」に医師の証明を受け、「領収書原本」(移送経路など、但し書きの入ったもの。レシート不可)を添付し、各会社・団体へ提出。

必要書類
  • 【移送費の請求】
    1.移送費支給申請書(当健保組合からお渡しします)
ページトップへ